Workstudio

あっぱれ

私は必ずあなたの期待を裏切るだろう
あなたの想像の外側でもう一度出会い直すためにもそうする必要がある

英語学習がなんだかかんだで波に乗ってきて、
英語言語世界での自分がやっと生まれた実感が持てたせいか、
今自分の中で起こっている変化を日本語に置き換えて定義してしまうのが
とてももったいないことのように感じる。
ゆっくりと分解されて私の一部と置き換わっていくものを誰にも邪魔されたくない。
とにかく、今、何よりもそれが重要なことのようです。

そして、われながらあっぱれw、と感じられたのは。
重い体と通じない言葉だけを持っていくとしても
結局自分は相手を笑かしたいってことばっかり考えてて、
拙かろうが、慣れた方法だろうが、やっていることは変わらないと気がつけたこと。
動機はなんなんだと聞かれて、全部とっぱらってみたら最後にそれが残ってたって感じで、
調子抜けするような、すごく自分でもほっとするような、なーんだ簡単なことではないか
っていう底抜けにスッキリとした気持ちになったのです。
これ、伝わるんだろうかw

あら変な時間に起きてしまったわ、どうしましょうね、
と思いながらそれと同時にもう英語のことを考えてて、
思いついたセンテンスをgoogleの翻訳アプリで試してみる。
それは確かにだれかが言ったように、恋に落ちている状態によく似ていて、
日本語英語で使ってたモチベーションって言葉がアホらしくなるくらい、
洪水のように溢れてきて自分ごとどこかへさらっていってしまう。
恋やらセックスやらダンスやらなどという、破滅的な出来事に導かれる行く先を
自分のちっぽけな意思なんていう頼りない舵でコントロールしようなんて
考えてみたら最初から無理なのかもしれないね。


そう考えると、思い返すに、
私はここ最近ずっとなにかに恋をしているようだw


こんなそのまんま書いただけの短いブログをアップするのって久しぶりだけど、
明るくなっていく空を見ながら書くのはとても気持ちよくって、
あまり深く考えずに投稿ボタンを押してみることにしよう。




workstudio

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。