1212

おかえり

10年ぶりに友達が戻ってきて、ひとつの友情が再開した。
ビレバンに付き合えというので、どれ今はどうなってるんだってな見学気分で
カラカラと音のしそうな、カラフルだけどカラ騒ぎの様な雑貨の山を
結局2人とも特に手に取って見るでもなく延々とぐるぐる回りながら、
アレコレとお互いのことについてはなした。

天井まで積み上がった雑貨たちの情報がまるで頭に入ってこなかったのは、
私のフレッシュな好奇心が、年老いて消えてなくなってしまったんではなくて、
自分の欲しいものが考えるまでもなく瞬時にわかることが増えたからです。

本当に欲しいものだけが、気の利いたプレゼンテーション技術で飾らなくても、
それがそれであるだけで、くっきりと高い解像度で浮かび上がって光ってみえるんだよ。
自分の心を無視しない様、自分が一番の理解者であるようにしたり、
いつも内側が平和で調和してるよう意識するようになってから、
だんだん辿り着けるスピードが上がったみたいな気がする。

そんな私のささやかな信仰を、ひとつずつもっと話したかったけど、
10年という体の細胞がそっくり入れ替わってしまうほど長い時間を一回り以上した私たちにとっては、
話のイントロダクションが山ほどあるので、またおいおい、
お酒の力を借りなくてもあっという間に過ぎていく時間を、
夜が明けるまで夢中になってお話ししたりしたいね、と思っています。

だから本当に、また会えてよかった、
お互いを認識することはお互いを守るはずだから。



この世の中には「がんばってね」という気持ちを伝えると、
その言葉自体に傷付いてしまう人がいたりする。
だけど、一生懸命何も傷付けない様に生きようと努力してきたのは
間違いだったのかもしれないと思い始めている。

ベーシックインカムや、寿命が何倍にも伸びるっていう社会の話題を聞いても、
ほっておいても、やることやるひとはやる、それだけのことで。
社会のシステムを破綻させるどころか、この世の中の善意を
ひとりでまかなえるほどの人が本当に存在するのを知ってしまったから。

「いつもピカピカの笑顔で迎えてくれるから自分もそうなりたいんだよ」
あのひとにそんな風に白状されてからというもの、
その言葉がとてもとても嬉しくて、私は思い出すたびに背筋が伸びて、
そのピカピカの自分で本当にいられてるかいつも意識する様になってしまった。
そんなやり方があるなんて、本当はものすごい策士なのでなかろうか。


思えば、知ることでもっと自由になれる、って考えを
ずっと昔からここに書き続けてきたような気がする。
知りたいと思う気持ちこそが神聖なひかりで、
果てしなく感じられた海底の様な深い闇の中をかろうじて照らしてくれた。

たぶん私たちは同じ場所に向かってるはずです。

1212

This Post Has 2 Comments
    1. >yoshi3 
      時間って不思議なものですね。
      10年というと一言の言葉になってしまって、なんだか拍子抜けするほど味気ないですけど。
      どの瞬間を切り取っても自分の全部でその瞬間を生きていた様な気がしますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。